【液タブ? 板タブ?】ペンタブの選び方【厳選3選】

ペンタブの選び方

液タブと板タブ、初心者にはどちらがおすすめ?

初心者におすすめなのは「液タブ」と言わざるをえません。
液タブの方が画面に直接ペンで描いていく感覚なので、はじめてのデジタルイラストでも扱いやすいです。

板タブは最初は慣れが必要です。
ただ、人によっては板タブに慣れたら、液タブよりも描きやすいです。あと安いですね。

液タブのおすすめ

iPad

OSのはいったタブレットですが、ふつうに描きやすいのでおすすめです。
別途PCを用意する必要なく、単体で稼働するので、セットアップのトラブル等も少ないですね。

Apple pencilが同梱されていないことと、最新のiPad Proでしか使えないペンも販売されているので注意してください。

Wacom Cintiq 16

Wacom製なので一定以上の信頼がおけます。
画面解像度がフルHDのため、Cintiqシリーズの中では安いモデルです。
上位のモデルは4Kとかですが、別にフルHDでも作業しにくいとかは基本的にありません。
あくまで解像度が高い方がよりいいよねって感じなので、パソコンがあって液タブがほしいけど10万とか超えるのはちょっとなあ……って方にはCintiq 16がおすすめです。

板タブのおすすめ

One by Wacom

初心者におすすめな板タブは個人的にこの「One by Wacom」、1択です。
無駄がなく、必要な機能は備えていて、安い!

液タブ派の人でも、板タブを試してみたいならこれを買ってみるのはありだと思います。
理想は両方試してみて、使いやすい方を使うことですね。

合わせて、絵描き向けなPCの選び方もよかったら参考にしてみてください。
それから、きれいな線の引き方では、線を引くときの体の使い方にも言及していて、板タブと液タブの姿勢の違いにも触れています。読んでみてください。